今日は横浜スタジアムにやきうを観に行ってきました。
かつて応援していた横浜ベイスターズ。大洋ホエールズ時代から応援していたんだけど、大矢監督の時に野球ファンごとやめました。(理由は察して)

んで、今日はユニフォームをもらえる日らしく、お誘いいただいたので子供を連れて行ってきました。

1度野球を生で見せてみたかったので、楽しんでくれてたら良いなと。

特に野球ファンじゃないんだけど、色んなものを見せてあげたいからね。


さて。ぼくは何というか、先送り体質でして。

もっと若かったときはこれに真剣に悩んでいたんだけど、今は年を重ねたからか、本質的には何も解決していないけど気楽に日々を過ごせるようにはなりました。

本質的には何も解決していないから、相変わらず事務処理が絶望的に苦手でしてね。請求書の処理とか、JASRACの使用楽曲の報告とか、領収書の処理とかすると新入社員以下の生産性になります。生産性ゼロ以下です。

あと、問い合わせするとか、電話で予約するとかそういうのが本当に苦手で、エイヤッとやる機会が無いとマジでムリ。なのです。

今では請求書の処理とかJASRACの処理は作業をお願いできる人がいるので迷惑をかけずになんとかなるようになったのだけど、自分自身がブラックボックス的役割にうっかりなってしまった案件の事務作業は本当に死んだ目で社会人の責務をこなしています。遅延しつつ。

もうね、こうなると機械化もとい仕組み化ですよ。ルーチンで、その時が来たらそれだけやるって言う風に自分を仕組み化しないとダメなわけですよ。
そうするとタスクリストとこTODOリストじゃ甘いんですよ。勝手に延伸させちゃうから。
繰り返しタスクも勝手に脳内ミュートをかけるから3回目くらいで破綻するんです。

だからこそ、GTDを……ってもう10年くらい挑戦してきていますが、正直今までうまく回せてなかったんですよね。いつの間にかただのTODOになって、破綻して終了。

以前紹介した高額アプリのOmniFocusも宝の持ち腐れ。

そんな感じだったから、Omnifocus3にアップグレードしたのをキッカケにGTDをしっかり勉強し直してみることにします。

GTDといったら百式田口さん。今はドットインストールの田口さんですね。

田口さん監訳のこの本を何度か読んで、タスクを収集してやって、下記のフローチャート(OmniFocus公式の図)に沿ってやっていくと、あらためてちゃんと仕組みがしみこんで行く……。
頭が軽くなる…。心が軽くなるんですわ。

このフローにそって行くと、「やらない」っていう選択も選べるのです。
人に振るっていう選択も出来るわけだし。

そういった細々としたタスクを頭に置いておかないだけで本当にクリエイティブになれる気がします。
子供の予防接種の予約しなきゃって思いながら酒飲んだりkeynote作ってたりするのと、いったんアタマの中から追い出してやるのとでは天と地ほどちがうわけで。

なので、今はこの図を待ち受けにして、会社のMacの壁紙にして意識してやっているわけです。OmniFocus2のマニュアルだけど、素晴らしいのでこれ。

回り始めるとね、本当に素晴らしいんだけどね。

今日のところはそんな感じです。


今日の1000日チャレンジ / DAY18

タグマネージャの設定のために正規表現をかなり勉強した。ドリルを今度買ってくる。