ultra relax

そう いう わけさ。

カテゴリー: 書きながらブログを設定していく

何かを変えるときは、少しずつ変えるようにしよう…

いろいろと、WordPressの設定を見直していて、管理画面エリアにSSLを適応したり、管理画面エリアのディレクトリ名を変えたり、BASIC認証を書けようとしたりしていたら、管理画面にログインできなくなってました。ウケる。

Continue reading

拙者、UDフォント大好き侍につき。モリサワBIZのUDフォントが最高

どうしても目が滑って文章のカタマリが理解できないってことが昔からありまして。
それは疲れとか酒に酔っているとかコンディションとかいろいろあるんだけど、最近みかけたこのニュースを見てから、

ITmedia ビジネスオンライン
 
認知されにくい読み書き障害 UDフォントを使うと  (1/3)
「ディスレクシア」という言葉をご存じだろうか。文字の読み書きに困難を伴う学習障害の一種で、米映画監督のスティーブン・スピルバーグ氏も自身がディスレクシアであると公表している。

なるべくUDフォントを使って本を読むようにテキストを読むように心がけていましたが、唐突に今日「そういや、書くときにもUDフォントを使ったほうが良いんじゃない?」って仕事中に思いついて、紙とペン代わりであるところのUlyssesにUDフォントを入れてみました。

で。

会社で仕事しているときは当たり前ながら会社のMacを使うので、モリサワパスポートでUDフォントから何から使い放題なんだけど、会社でもMacじゃなくてWindowsを使う時もあり、そこにはモリサワは入っていないので仕方なくAdobe TypeKitのUDフォントを使うしか無いかなー、でもウェイトが細いんだよなー、何て思っていたらモリサワが無料で提供していました。何それ最高じゃない!

Download 3

色々あるんだけど、このBIZ UDゴシック/明朝が会員登録のみで無料で使える書体です。
UDフォントは個人的には初見では形があまり好きではないんだけど、馴れると良い感じに見えてくるし、実際に目が滑らなくなるのでしっかり考えられているなと使って居るうちに実感するので食わず嫌いを言わず試してみて下さい。

ということで、備忘録がてら導入方法のメモ。

Continue reading

アプリは有料のアプリから探す。それが俺のダンディズム

不思議ですよね。お酒を飲むと平気で5000円くらい飛んでいくし、
そのまま河岸を変えちゃったりすると一晩でもっと飛んでいくのをヨシとするくせに、アプリ買う時は240円以上のものを買うときはそれに比べてかなり心理的障壁が大きくないですか?電子書籍を買うときも。
さらに言えば電子書籍よりもアプリのほうがよりその傾向が顕著じゃないですか?
なんかその感覚が極まって、アプリを買うときにわざわざiTunesカードを買ってきてそれで疑似現金決済することもありました。

個人的には本屋で衝動買いするときよりもAmazonでポチる時の方が慎重になるし、Kindle本を大量購入するときに何とも言えない罪悪感が襲うのは何でなんでしょうね。デジタルデータだからかしら。
まあいいや、今日はそういう話じゃない。

ちゃんとしたアプリを買うのは楽しい

普段仕事をする上で、ChromeとKeynoteとPhotoshopとOfficeがあれば一応仕事ができる感じなんだけど、いわゆる作業効率化関連のアプリがあると捗った気になるのです。
タスク管理のOmniFocusとか、ブログから執筆からなにから八面六臂に活躍しているUlyssesとか、そういうちゃんとした有料アプリで環境を整えることで、作業や思考に集中しやすくなったような気がするんですよ。ぼくはね。

”気になる”、”気がする”なので本人の感想であり実際の効用は……。
って話だけど、環境を整えて、アプリケーションがその業務アクションに対するトリガーとすることで”型をつくる”っていうところなのかもしれない。

買って良かったアプリ

Continue reading

Raspberry piの情報をメモしていくよ

プログラミング学習をする人間のはしくれとして、一応少しばかりはRaspberry piにも目をやっておきたいなということで気になる情報をメモ。

ヨドバシとかでも買えるんだね、ラズパイのモジュール類。

あとはサイトのOpengraphを展開するプラグインなんかをテストする。

https://deviceplus.jp/hobby/raspberrypi-listicle-01/

WordPressのwebフォントをUCDAみんなの文字にする方法

ここ最近、UDフォントが教育現場で広まっているというニュースを見かけてから、それに対するアンサー記事やソーシャルでの声をよく見かけるので、自分が作る資料なんかはなるべくUDフォントを使用するようにしています。
実際に、UDフォントを使うことで「目が滑る」的な事は減っているなーって実感してたので、自分のブログに対してもまあ使うしかないでしょうって感じで入れてみました。

まず、Before
既定のフォント

そしてAfter
Aftere

どうなんでしょうね。
効果はこれから追ってわかるものなんでしょうけど、
ほんの少しだけ、見やすくなったような…気が…します。

さて、ではどうやって導入すれば良いのか。
テンプレートをいじりますが簡単ですので、以下作業メモ。

Continue reading

WordPressにタグマネージャを入れた

WordPressのインストールと初期設定だけならば何度も何度も自分でも仕事でもやってきたもので手慣れたものなんだけど(たいした作業じゃないしね)、
いざ毎日更新したりなんなりするってのは何より根気がいる作業だよね。

仕事じゃなければライフスタイルになるくらい日常にしみこませないと辛いんじゃないかな。

なのでぼくがWordPressサイトを作って、自分でブログ書いてやっていくってことはいままであまりなかったもので(前ほんの少し続いたブログははてなブログだったし)、
いざ自分で作ろうと思って手を動かし始めると、ブログ自体を満足いくレベルまで設定するほうに注力してしまっていたんだよね。
だからいつも、ブログが出来たら書き始めるつもりでブログを作っている間に飽きるというサイクル。

という反省を込めてまず書き始めているのがこんな感じ。そうすると毎日書くってことが大事なんだよねと痛感するもんだね。書き溜めるのも大事だね。どこでも書けるのも大事だね、って思う。
ブログを書く環境や仕組みついては、良いネタなので次回以降で書いていこうと思います。そもそもまだ定まっていないし。

この時代、ブログとかテキストを書いて残したかったら、noteとかそういったサービスを使えばいいわけで、今更ブログ、かつ自分でサーバを借りて、なんて酔狂も良いところだと思うんです。
誰もがソーシャルネットワークサービスで自分の考えやお気持ちをすぐに発信できるようになったから、少し考えてまとまったアウトプットがしにくくなっているっていうところに、noteっていうのは良いカウンターだと思う。
でもほら、いろいろやってみたいじゃん。つくるひとの端くれとして。

だから、まだやり残したことがたくさんあるから、noteには行かないでおこう、なんてつもりでね。

さて、今回手を入れてみたのは、タグマネージャとアナリティクスの導入。
超当たり前の作業ですが、今まではプラグインとかそういうのを入れてやってみたけど、別にプラグインとか使う必要なくね?と思ってサクッとテンプレートをイジって入れてみる。

Continue reading

© 2019 ultra relax

Theme by Anders NorenUp ↑