いまからだいたい3年前の2016年。いろいろ行き詰まっていたぼくはそれを打開するための何かを勉強というか、学びに求めていた。

学びというか、スキルアップに求めるしかなかったんだよね。その時は会社をやめてやる!なんて思っていて、でも無力感に打ちのめされていて、どうせ今転職しても今より状況が悪くなるってことだけはわかっていて。

だから転職する前にスキルアップ(笑)しなきゃいけないと思っていて焦っていて、でもそれにかかる費用は全部自腹で賄わないと転職のときに差し支える、なんて考えていたから割と苦しかったことも覚えてる。

ま、結局そういった学びがきっかけで自分の凝り固まったいろいろが解消されて、時同じくして会社の環境が変わって、転職をとどまり今に至っているんだけども。

ともかく。その時から数えてはや約1200日。(正確には1198日)いろいろ積み重ねてきて今ではその当時に見えていた景色と全く違う景色が広がっているんだよね。全く違うってのは語弊があるな、同じなんだけど、彩度や解像度が違う。

ひとことで言えば超楽しい。広告コミュニケーションの学びの場だったのに、生活にまで変化が及んでくれた。ありがたいことに共著の本を2冊も上梓する機会をいただいたりもして、小さい時に願った将来の夢が多少変化球気味な形で叶っている感じだ。

そんな楽しい日々を過ごしている今、共に学んだ仲間たちと一緒に1000日間なにかに取り組もうぜ、というムーブメントが起きている。

1000日間。だいたい3年間。時間にすると24000時間。
中学生が高校生になってしまうくらいの期間。高校生だって大学生になってしまう。だけど大人になってしまったらそれは一瞬で過ぎ去っていくような期間だ。
そんな短いようで長い時間のうち、毎日1時間でも費やせば1000時間にもなる。取り組み方によったらある程度の資格だって取れてしまう。積み重ねていければ、きっと遠くまで行ける。きっと。

だから、ちょっと真剣にプログラミングに取り組もうと思ったのだ。
まいにち、最低でも30分。

幸いドットインストールとか、progateとか学習リソースはたくさんインターネットにある。まずはドットインストールは有料会員になった。
古くからの友人にメンターもお願いした。あとは自分次第なのだ。

キャンペーンなんかで使えるようなTwitterアプリとか、FANZAから自分好みのタイトルを引っ張ってきてくれるアプリケーションとか、とにかくいろいろなサービスを自分で作って壊す、みたいな遊び方ができるように頑張ってみようと思う。

積み重ねて過ごしてきたことで見えるようになった今の景色。
こうしてさらに積み重ねていくことで次はなにが見えるのかな。ワクワクする