アクセス解析レポートを出すときに、いちいちエクセルに書き出して、
マクロを組んで集計していたな…と遠い目をしながらデータポータルを触っている。
できればTableauを使いたい。だがもう自分の手元にはTableauはない。
今はPowerBIを主に使うハメになっているが、何だろうねアレ。全く頭に入ってこないのがすごい
やってることは同じなのにね。

で、仕方なくというか、共有のしやすさでGoogleデータポータル(以下GDP)を使っているんだけど、
秘伝のタレみたいなテンプレをつくって回すようになってから超絶ラクになったので神。
かつてのTableauの経験が生きている事は間違いないんだけど、
実際に手を動かしながら理解を深めるのが一番早いので、ギャラリーにあるテンプレートをいじりながら、
自分が求めるデータを作る方法をまねしていくうちに習得するのが一番良いよね。

ってことでギャラリー。
https://datastudio.google.com/gallery?category=community

日本語版だとテンプレートギャラリーが少ないので、
こちらで気になるのを探すと良いと思う。

サンプル例
こんな感じなのがいっぱいある。
Analyticsだけじゃなくて、サーチコンソールとか、Google広告とか、いろいろ。

気に入ったのがあったら、右上の複製ボタンでコピーして、
自分の管理しているデータとコネクトしてあげればOK。編集もできるし超かんたん。

そうやって色々なテンプレートを試してみることで、見やすさとか、指標とか、同じデータで並べてみると自分
(あるいはクライアント)に必要なテンプレートや要素が見えてくるはず。
これでBIに馴れて、Tableauの予算を獲得してデータビジュアライズのスキルをさらに深めて行くのは大いにアリだとおもう。

あとは…取り扱い方を身につけるのにオススメなのは、
代理店とかコンサルに出してもらった解析レポートをGDP上に再現するのがオススメ。
slideshareとかに時々転がってたりするから(全体公開で掲載している神経が解らん)、
そのデータが出るようにレポートを作ればだんだんと勘所がわかってくると、思う。

でもまずはギャラリーのカスタマイズからかな。