ここ最近、UDフォントが教育現場で広まっているというニュースを見かけてから、それに対するアンサー記事やソーシャルでの声をよく見かけるので、自分が作る資料なんかはなるべくUDフォントを使用するようにしています。
実際に、UDフォントを使うことで「目が滑る」的な事は減っているなーって実感してたので、自分のブログに対してもまあ使うしかないでしょうって感じで入れてみました。

まず、Before
既定のフォント

そしてAfter
Aftere

どうなんでしょうね。
効果はこれから追ってわかるものなんでしょうけど、
ほんの少しだけ、見やすくなったような…気が…します。

さて、ではどうやって導入すれば良いのか。
テンプレートをいじりますが簡単ですので、以下作業メモ。

Continue reading